忍者ブログ
NINJA
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
  
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


古閑美保がダルビッシュ有の栄養管理を担当するのではという話も出ていましたが、今のところはそういう状況ではない感じでしょうか。


イベントでもノーコメントで、事務所関係者らしき人に意見を求める姿も見られましたが、ちょっとした話題作りと言えるかもしれませんし。


女性自身の記事より

ダルビッシュ有が契約書の中で要望していたのが、専属料理人に関する条件だったという。

なんでもダルビッシュ有は和食好きで、しかし試合後に日本食レストランで食事をするのは現実的には難しい。

「書類には専属の通訳やシェフなど多くの雇用すべき人の名前が書かれていました。そこに専属の栄養士として元女子プロゴルファーの名前も書かれていたんです」(メジャー関係者)


その料理人、栄養士というのが古閑美保なのだとか。


「ダルは、専属の栄養士という名目で、古閑の渡米費や給料までも球団に要求していたようです」。


昨年1月の自主トレでは写真誌にお泊まりデートも報じられていたものの、恋人というよりは、理解しあえるアスリート同士の交流の場という感じも。

実際古閑は昨年10月のプロ引退したのち栄養学の勉強をはじめ、今ではプロの栄養士として開業できるほどの知識も持っているという。


「ダルがアメリカで、そばにいてもらいたい女性として古閑を選んだわけです。条件にもよりますが、彼の意志で選ばれた専属栄養士について、球団が断る理由は見当たりませんが」



だいたいスポーツ選手と結婚する際に取るのが栄養士の資格とも言われています。


本人は野球選手が好きで、その子供を産みたい願望があるのだそう。


性格は男性のために尽くすタイプのようです。


PR
スポーツ選手の離婚はいろいろとありますが、金額が多いことと、相手が一般の人と言うこともあり、もめることが多いですね。


芸能人ならばイメージのためにお互いに揉めない方法を取る、相手の希望する慰謝料や養育費の額を受け入れるなど揉めることは少ないです。


最近ではダルビッシュ有と紗栄子、片山晋吾と一般の夫人、タイガーウッズと夫人などがあります。


ほかには斉藤和巳と前菜、小久保裕紀と前妻、佐々木一浩と前妻、新庄剛志と大河内志保などがいました。


こちらは慰謝料や養育費などは揉めてはいないようですが、どちらかと言えば泥沼的な別れ方が多いでしょうかね。


斉藤和巳さんは前妻と子供にはお金を一切支払っていないそうですね。




高島政伸さんと妻である美元さんが離婚するのでは、温度差があるという風に言われていますが、Youtubeユーチューブの動画では去年の美元さんの誕生日を祝うパーティーのようなものが投稿されていますが、ノリノリでダンスを踊る美元さんと少し控えめな高島政伸さんが印象的でした。


美元さんは楽しそうにしていたものの、高島政伸さんは少し距離を置いてあまり気乗りしていない雰囲気かなという感じで、美元さんに誘われ手を伸ばしてこられた時には手を振り解き困惑し、しかしそれでは悪いと思い近くにあった美元さんのパネルを持ってその場を盛り上げてはいましたが、結婚した当時よりもやや気まずそうな雰囲気はあったかなという状況でした。
 


しかし周りの人々はあまり気にすることもなくパーティーは盛り上がっていたようだったので、言われてみれば少しぎこちないかなという感じでしょうか。
 

コメントには高島政伸さんは引いているんじゃないか、もうすでに心の溝があり二人には距離があるという風に書かれていました。


美元さんはそれほど二人の関係を気にしているそぶりではなかったものの、離婚したがっている高島政伸さんだけあってどこか夫人を拒否しているところはあるかなという感じではあります。


美元さんの親は韓国の方もおられるので、文化や食生活や年間行事なども違う部分があったりと、思っていた生活とは違ったという風でもあるのでしょうかね。


ダウンタウンの松本人志さんの妻の片親も韓国の方ということなので、将来松本人志さんも文化の違いや生活スタイルの違いに戸惑うこともあるのか?!




宮城県の石巻市ではハエが大量発生しているそうですが、かなりの量なので生活するのも不便という感じでしょうか。
 

やはり気分はいいものではないでしょうね。


ハエが大量発生しているということを考えると、ゴキブリの方もまた増えているのかもしれません。


ハエもゴキブリも1匹見かけるとだいたい30匹、50匹と大量にいるものなので、全滅させるということはなかなか難しくもあります。
 

ゴキブリの場合には冬の寒さで死ぬこともなく、暖かいところで過ごしているので、季節が変われば着れると言うこともあまりないです。
 

ハエの場合にはハエ取り紙や、寄ってきそうなものを置いて殺虫剤を噴きかけるとか、ゴキブリの場合には巣に持ち帰る殺虫効果のあるえさを置いておくのが良いでしょうね。




叶姉妹の叶恭子さんは視力回復のためレーシック手術を行うと報告し、数日後に何事もなかったかのようにまた普通の生活に戻っていき、恐怖というのを感じてない素振りではありました。


やはり目の手術となると怖そうとか、不安とか、いろいろと感情を抱くものですが、平然とした様子で治療を行っていたので、世の中にはあまり怖いというものがないとか、怖いと思うような心の持ち主ではないとか、強気なので不安などは見せないというものなのでしょうかね。


手術後はあまり目を酷使しない生活を送ってはいたそうですが、それほどレーシックについては気持ちを表すこともありませんでした。


叶美香さんの方も恭子さんよりも前にレーシック手術は行っていたそうで、快適な生活を送っているのだとか。


たしかに、叶美香さんがめがねをかけている場面というのは昔はあった記憶があるのですが、最近はほとんど見かけなくなりました。


スポーツ選手はレーシックで視力回復をしている人は多いですし、プロ野球選手も多いですね。


一方でメガネだと大成しないと言われていたキャッチャーというポジションでは古田敦也さんがそのジンクスを跳ね返し、見事な成績を残しました。



   
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 情報ネットコム All Rights Reserved.
忍者ブログ/[PR]